CB450 '73

念願のオートバイの続きで、
どうして此処ホンダSFにあるオートバイを買うことになったのかは全く覚えてない。

オートバイを引き取りに行くのに一番上の兄貴に車で連れて行ってもらった。
現在は実家から宇和島市まで30分くらいで行き着くのだが当時は道も良くなくて3倍の時間が掛っていた。
今はもう使われていないが、当時松野町に抜ける地蔵峠が関門だった。
特に未舗装の屈曲した道をボンネットバスに揺られていくのは苦痛だった。

s-ボンネットバス

念願の自分のオートバイでさぁ~帰るか!
兄が「ヘルメットは?」 「いや、持ってきてない、大丈夫やろ」
SFの前所有者もあきれ顔で、「じゃ、これ持って行っていいよ」と新品のフルフェイス持ってきた。
当時田舎ではフルフェイスは珍しく、戸惑いながら恐縮した。

帰り道、あまり感動はない。
CB450ってこんなもん?
CB750fourの感触・感動があまりにも強すぎる。
1年もしないうちにKAWASAKI マッハⅢ(また書きます)に替わることになる。

s-ボンネットバス

早速翌日からCBで通学。今と違い当時はどんなオートバイでも通学可だった。
高校の自転車・バイク置き場は仮校舎の中に入れていたので、雨の日は快適。
1年の時は1年生全員が、田んぼの中のちょっと離れの仮校舎。
2年から校舎も武道場も新しくなり使わなくなった仮教室が駐輪場になったのだ。

オートバイには入口が狭く段差があり危ないとは思っていた。
すぐ前の田んぼに落ちる奴も居り、色々なドラマのある駐輪場だった。

通学時に一度だけ大転倒をした事がある。
飛んだミニトレの近くで、幸い小学生の列も避け、自分も大した怪我もなく、
アスファルトの上で先を急ぐCBだけをを見送っていた。
あれ以来、現在でも右コーナーはあまり好きではない。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

.30 2014 我が青春のオートバイ comment0 trackback0
 HOME 

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
所有したオートバイ
ホンダ:Dax50、XE50、ストリーム50、AX-1、CB450、CB750K2
カワサキ:マッハ3
スズキ:GS400、GT750B2、GSXR1100’92、GSXR1300’05、GSXR1300’07
ヤマハ:メイト、AX125

現所有オートバイ:Ape50、GSXR1300’12

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR